読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yamachan blog  (社会派うどん人の日常)

コシのつよいうどんのような、歯ごたえのある記事をお届けします。

某誌コラム「長時間労働削減の前提としての労働時間適正把握」

某労働基準協会の会報に掲載予定のコラムを転載します。 普段考えていることを文章化して広くしらせることも監督官の仕事です。(あれ…普段からネットでやっていることと何が違うんだ…(?(゚∀゚)?)) 「長時間労働削減の前提としての労働時間適正把握」 労…

労働基準法はなぜ守られないか〜使用者の認識フローチャートから考える〜

「労働法規は道路交通法規と同じくらい守られない法律である」 皮肉なことだが、非常によくできたフレーズだと思う。 「ブラック企業」という用語がメディアに取りあげられはじめたのは5年ほど前だが、このフレーズはそのはるか以前から使われ続けているも…

「労働法教育」と「キャリア教育」の狭間

GW最後の土日を使って東京まで出掛け、社会派っぽいイベントをハシゴしてきました。「社会派うどん人」活動の再開です。 ① 5/7(土)@下北沢B&B 本田由紀×今野晴貴「子どもと学校のゆがんだ関係」『君たちはどう働くか』刊行記念 ②5/8(日)@阿佐ヶ谷ロフ…

労働基準行政の敗北なのか?「国際自動車」タクシー訴訟から考える

労基署での日常の業務をこなすことで精一杯になっていないか?と日々自省する私にとって、昨日夜に報じられたNHKニュースは強烈なものだった。 →リンク先では3分程度のニュース動画も見ることができる。 <冒頭抜粋> 東京にあるタクシー会社が、残業をした…

【まさかの大特集】労基署がやってくる(週刊ダイヤモンド)〜後編〜

週刊ダイヤモンド「労基署特集」にかかるブログエントリー後編。 職場で話題になったのは意外と遅いタイミングだった。発売週の木曜になってようやく上司の間で話題になり始め、早々と購入していた私のものが、課内で回覧されたという。。ブログまとめ用にコ…

【まさかの大特集】労基署がやってくる(週刊ダイヤモンド)〜前編〜

今週の週刊ダイヤモンドの特集は 「労基署がやってくる!」 「サービス残業してませんか?」 労基署はある日突然やってくる(週刊ダイヤモンド) 中の人の私にとっては、”週刊誌の特集はある日突然やってくる”といったところ。ブラック企業関連等の記事で労…

労働法ワンポイントメモ:「公益通報」と「申告」

最近の労働関係の話題を掘り起こしておこう。 〜〜ネタは「たかの友梨ビューティークリニック」〜〜 ◯「たかの友梨」研修費天引きで仙台労基署勧告:河北新報 エステティックサロン「たかの友梨ビューティクリニック」仙台店(仙台市青葉区)で、従業員の給…

【初心忘るべからず】理想の労働基準監督官とは

今回は、趣向を少し変えて、自らの仕事に関して思うところを書こうと思う。 多少青臭い話が混じるかもしれないが、ご容赦いただきたい。 ◯ 念のための自己紹介 私が今年の4月から就いている仕事、それは 労働基準監督官 という国のお役人である。(仕事内容…

職場でお宝発掘〜芸人ヒロシは労働局で救われるのか〜

ある日、職場でパンフレット整理をしていたら、お宝を発掘! これは役所にしてはハイセンスなクリアファイル広告だ! ”ヒロシです。悩んでいるだけでは、いかんとです。” 一発屋芸人の輩出にかけては右に出る者がいない、サンミュージック。そこに所属して一…

ダンダリン最終回直前:はたらく人を応援する良ドラマ

とある地味なドラマが、本日最終回を迎える。 ダンダリン ー労働基準監督官ー 水曜10時から(日本テレビ) 労働基準監督官は、労働基準関係法令に基づいてあらゆる職場に立ち入り、法に定める基準を事業主に守らせることにより、労働条件の確保・向上、働く…